トライ&エラーのFX

何かに向かって始めようとする時には、
失敗というリスクを背負うことになるのは当然です。

失敗を恐れていては何も出来ないのです。

でもその失敗によって得られたことが次に生かせれば、
成功のチャンスへ一歩近づけますよね。

失敗と考えるとプレッシャーが掛かってきますから、
あまり考え過ぎないようにチャレンジしていく気落ちも大切です。

これを今人気の高まってきている
FXにあてはめて見ると
初心者の自分には言えることだと思っています。

失敗と言っても次のチャンスへ
結びつけられないと続けられませんよね。

ですから、FXトレードをするときには、
損金としてのリスクをしっかり管理できる
やり方をとっていかないといけないのです。

自己資金の許せる範囲で行ってこそ
FXが価値のある投資になっていくのだと思っています。

堅実な投資のFX

お金を増やす方法に色々な投資がありますが、
株式投資の方が堅実という見方は、
あまり当てはまらなくなってきています。

今は成長企業と言われるものが少ないので、
どこそこの株を持っているので、
資産価値が高いとは言えない時代です。

そう考えると通貨の売買のFXの方が、
投資としてのリスクが少ないと思いませんか。

リスクの中に資金額がありますが、
担保金としての証拠金を数万円預けておけば、
FX投資に参加できるのです。

そして一番堅実なのがスワップ金利の運用で、
日本の銀行に預けておいても金利のメリットは
殆どありませんが、

オーストラリアドルだと、
かっての日本の銀行並みの金利ですから、
資金は少しずつ増えていく計算になるのです。

FXならスワップ狙い

FXに限らずとも投資運用の世界では
高いリターンを求めていくことが大事になってきます。

高いリターンを求めるほどリスクも高くなってきますが、
高いリターンを求めることがFXでは重要です。

スワップポイント狙いの場合でも、
この考え方が少なからずとも当てはまってくることでしょう。

大きなレバレッジをかければかけるほど
受け取るスワップポイントも必然的に高くなっていきます。

受け取るスワップポイントも多くなりますが、
それだけ為替変動リスクも大きく受けていくことになります。

スワップポイント狙いで取引をしていくのであれば、
レバレッジを低くして取引をしていきましょう。

少ないレバレッジでも十分にスワップポイントを
受けることができるように取引金額をできるだけ
多めに用意しておきましょう。

取引金額を多く持っておけばスワップポイントも
必然的にたかくなりますので余裕を持った
ポジションの保持が出来ていくことでしょう。

FXこそスワップポイント狙いで取引をしていきましょう。

スワップの利点

例えばスワップ金利だけで
年利が80%ついてしまう、

例えばキウイでお馴染みなのがニュージーランドドル、
この通貨は一時期レバレッジ1倍でも
年利が8%、

安全なレバレッジとしては3倍?
程度で行けますよね。

10倍にすれば円が5円落ちても
スワップ金利だけでマイナスを
跳ね返せる力が発揮されます。

ドルやユーロの場合はスワップは低いですけど、
基本は同じですね。

結局は下げ幅が問題になるわけですが、
失敗しても塩漬けできる、
株でも同じことですが、
fxの場合は変動がそれほどゆるやかではありません。

スワップ運用も長続きするとは絶対限りませんけど、
マニュアル的にこのような好感覚なトレードができた人は
かなり勘も冴えてくるのではと思います。

利益が出ない。。

先日は久々の飲み会です。
もちろん仕事の愚痴の言い合いです。

私は基本的に飲む時には
楽しく飲みたいタイプなんですが、
愚痴になるとどうしても暗い雰囲気になってしまいますよね。

でも!!今日はなんだか私も
愚痴を言いたい気分だったので丁度良かったです。

もちろん愚痴のネタ元は上司です。
散々飲んで喋ってクタクタになって、
ベロンベロンになったのですが、
終電を逃したので歩いて帰りました。

酔っ払っているとなんだか帰れそうな気がしたのですが…
1時間歩いた後、結局タクシーで帰りました。

おかげで筋肉痛と二日酔い、
さらに複数のあざができてました。
FXで利益も出ないし。。

なんか悪い流れになりつつありそうです。
もちろん「ここは思い切って大きく取引しようかな!!」
なんて無謀なことはしませんが。

情報を集めすぎないように!

情報を集めすぎないように、
これはFXのトレード中の鉄則ですね。

テレビを見ながらトレードしていて思ったのが、
理想の値動きだけしっかり把握している時です。

ちょっとした情報によって
頭の中ってどんどん変わってしまうんですね。

これに意識的になるなといっても無理があります。

でもネットラジオなんかはいいよ、
という人もいます。

為替ニュースではなくて
例えば音楽でもいいですし、
スポーツ実況でもいいそうです。
きっとリラックス派なのかな!

中には泥酔してチャートを睨んでいると勝つ、
あるいは勝てたなんてFXトレーダーも!

蓋を開けたら勝ったらその後大分だらしなくて、
ロスカットも忘れているとか。

世の中はとにかく広いです、
またFXトレーダーも色々な人がいるものですね。

やはりモバイルの時代なのかな!

FXトレードはインターネットがあってなんぼの世界、
接続できなければエントリーもできませんし、
電話で注文できるかといえば情報もありません。

 

最近カテゴリーケーブルなるものが
不調を起こして大変でした。

 

カテゴリーケーブルとは
パソコンから直接繋げるためのケーブルですが、
もっとも回線の中では速度が早いケーブル、
もっとも短いケーブルです。

 

1mの長さでプロバイダーから借りている
ルーターに直結しているのに
調子が悪くなることってあるんですね。

 

動かしたわけではないのに
ポジションを決済できなかったり大変です。

 

やはりモバイルの時代なのかな!

 

どんどん無線トレーダーが増えていたりして、
速度は早いですし、都市部では雨が降ろうと
風が強かろうと常に回線品質チェックツール
でも起動しておくのが理想となってくるんでしょうか。。

 

やっぱり経済が大事

私も経済学科を出たわけでは無いので、
実はあまり経済のことは良く知らなかったし、
実際のところ興味もありませんでしたよ。

 

自分の生活に即結びつく気がしませんでしたね。

 

さすがに新聞はとっていましたが、
経済面はあまり関心がありませんでした。

 

TOPニュースで報じられても
自分には関係ないなといった感じですかね。

 

多くの人もそうかなーと思いますね。
でも株式投資を始めてから、寝変わりました。

 

企業の勉強をしたり、
それを取り巻く経済の動きが
大事なんだと気づきました。

 

それらがきっかけで、外国為替にも興味を持ったんですよ。
何が幸いするのかわからないものですねー本当に。

 

経済と言っても難しい理論なんてまったくわかりません。
それを知る必要もないと思いますよ。

 

ただ日本も含めて起こっている問題はなんだろうと、
興味を持てばいいんではないかと思うんです。

 

戦争や貧困問題。。

 

そして結局、経済問題に行きつくのですね。
FXはまさにそう言った点で魅力があり、
儲けることも出来るんですよ。
経済問題は為替に影響しますからね。